日本のモノ作り=技術に関しては世界でトップクラスであることは誰も認めることです。

しかし、その日本企業特に製造業で致命的な欠陥を招いているのです。

 

一般の会社では「総合職」と「技術職」で職種が分かれています。そして、「総合職=ホワイトカラー」「技術職=ブルーカラー」と呼んだりします。

管理職の人はどちらといえば「ホワイトカラー」を想像することがほとんどだと思います。

しかし実際の現場では、技術職でも管理職になっていることが多いですよね。

これが日本企業の、特に製造業における致命的な欠陥になります。

 

本来、管理職というものはマネジメントができない人が就いてはいけない役職です。

しかし日本企業は終身雇用制の人身担保のために永年功労してきた社員を管理職に就けてしまうのです。

これは総合職にも言えることなのですが、毎日モノや機械を相手にしてきた技術者が人の管理をいきなりやれと言われてもできない可能性は総合職の社員よりも高いことは容易に想像がつくと思います。

実際の現場でも、自分の技術スキルに自信があった人が不得手な管理職にされ、かえってその人の評価を下げることになってしまっているケースも少なくありません。

 

使用者側からすれば、技術が高くキャリアが長い社員は若手のリーダーとなって皆を引っ張っていってもらいたいと考えるものです。

しかし残念ながら、モノ作りが好きで会社に貢献してきた技術者は人には興味がないことが多いのです。

というよりも、恐らく技術者の人ほど自分が管理職で活躍する姿を思い浮かべたことはないのではないでしょうか。

 

世界に誇るほどの繊細な技術を持つ日本の技術者たち。

この人たちと、雇用する会社を救う道は、技術のキャリアとマネジメントのキャリアを分断するのも一つの手段です。

つまり、マネジャーは総合職から、エンジニアはずっとエンジニアのまま出世する道を作ることです。

 

ドラッカーも自書「マネジメント」で言っています。

「マネジャーは必ずしも上司である必要はない。」と。

マネジメントはできる人にやらせて技術者は好きなことをさせたほうが社内はうまく回ります。

また技術者も得意なモノ作りに専念していたほうが新しい発明を見い出すかもしれません。

終身雇用制が崩壊した今となっては、日本の製造業も社内の仕組みを一度見直してみませんか。